Michikusa道草

たけのこ料理

毎年この時期は、北九州の合馬へ筍料理を食べに行くのですが、昨年はコロナの影響で営業しておらず・・・。

今年は3月1日~5月5日(予定)迄 営業とのこと。 新型コロナウィルスの感染症対策も徹底されているようですし、1日20個限定のお持ち帰りの弁当もあるようなので、筍料理を楽しみたいと思います。

 

 

自粛期間中

コロナ禍の今、外出自粛でストレスを溜めておられる方は多いと思います。私が最近自粛中にハマっているチョッと贅沢なものを幾つかご紹介したいと思います。

まずは、糸島産の平飼鶏舎で生産された卵【つまんでご卵】、平飼鶏舎とはゆったりとしたスペースのある地面にもみがらを敷いた場所で、鶏が走り回ったり、好きな時にご飯を食べたり、羽ばたき飛び上がったり、砂浴びをしたりお昼寝したりと、ストレスの無い環境でのびのびと過ごしている状態で飼育されている事だそうです。こんな生活してみたいと思ったが、ぶくぶく太り動けなくなりそう。で、私の大好きな卵かけご飯にしてみたのですが、これが濃厚で素晴らしく美味い、是非皆さんもご賞味ください。

次は、沖縄の知人に取り寄せて頂いた【ソーキそば】、ソーキとは豚肉のスペアリブのこと、14~15世紀ごろ、中国から伝わった麺が始まりと言われ、もともとは宮廷料理の一つでしたが、だんだんと庶民にも広まり、今では家庭や食堂などで気軽に食べられるローカルフードとなっています。スープは、豚骨とカツオ出汁を組み合わせたもので、きしめんのような平らな麺と合いとても美味しかったです。是非これもご賞味ください。

次にご紹介するのは、私が最も至福のひとときを過ごせているナガモトコーヒ店の珈琲です。甘~い洋菓子と一緒にブラック珈琲、これがなんとも言えない美味さ、珈琲の種類は多くどれも美味しいのですが、一番のお薦めはグアテマラ産のウエウエテナンゴ、深みも酸味もあり美味い! 是非是非皆様も!!

以上、私のチョッとした贅沢、ストレス解消法でした。

白い恋人(お菓子ではない)

僕の白い恋人を紹介します。
彼女のふるさとは北欧の深い森の中・・・ではなくて、側溝の中の暗い穴。
スキマに入ることや弱そうな雀を追いかけまわすことが大好きです。

そんな彼女との密会場所は決まって夕暮れ時の駐車場。
先日彼女が突然いなくなりました。
側溝の中を覗いてもスキマを探してもどこにもいません。
そのうちどこからともなくふらふらっと帰って来ました。
「ねえおまえ、今までどこに行っていたのだい?」
「・・・」
猫なで声で聞いてみましたがなしのつぶて。
そのつれない態度には思わずうろたえてしまいました。

完全に心うばわれています。

「おまえ、こんばん何が食べたい?」
「肉にする?」
「魚にする?」
「思い切ってCHAOチュールにする?」
今夜もたそがれどきの駐車場で2人の逢瀬が始まります。

DSC_0001

春も近づき太り始めた彼女を見てふと気づいたことがあります。
彼女だと思っていた恋人は、雄(オス)でした。。。
も~ぉ、たまらん!!!

お薦めしませんが…

最近の「鬼」といえば「鬼滅の刃」ですが、私の世代が鬼といえば「ゲゲゲの鬼太郎」ですかね。お薦めしないシリーズ「アニメ編」(「映画編」「小説編」などあり)ということで「ゲゲゲの鬼太郎」第2期放送37回「地相眼」を紹介します。妖怪は化けミミズ、妖怪のお陰で財を築いた大金持ちに決断の時が訪れます。それは自分の命と財産か、息子の命かの選択です。衝撃のラスト。覚えていらっしゃる方感想教えてください!

ステイホーム

まだまだ続くコロナ禍。終息はいつになることやら。。
わが街唐戸で海峡花火大会に上がるはずだった花火??が時々上がってます。
終息を祈り。医療関係者に感謝といろいろな思いをのせて。

昨年末 中央はグランドホテルです。

我が家の屋上より(昼間はこんな感じです)火の山 関門海峡方向 グランドH 下関市役所(裏側)
山口県は緊急事態宣言外れてますが。意識高い下関人?車も人も自主待機?(もともと人がいない?)歩いてた人たちはみんな観光客だったのか!?
ソーシャルディスタンスを守り我慢我慢。みんなで乗り切り終息の暁にはみんなで盛大にお祝いしたいですね。

2021年

新年あけましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

元旦は初詣に行きました。
場所は宮崎県日南市にある鵜戸神宮です。

有名な運玉を穴に向かって投げました。

なんとか1個だけ入りました!!

しかし、喜んだのも束の間、おみくじは末吉でした、、残念。

今年の願い事は果たして叶うのでしょうか。
ちなみに昨年の願い事は覚えておりません・・・。(笑)

2021年はどんな年になるのか楽しみです。

最後に今年も皆様とって良い1年でありますように☀

最近の趣味

不注意から壊してしまったIHヒーターの交換がようやく終了。
自粛期間中家の中でできることを見つけようとして、始めてみた料理。
半年程続けて油断した時の吹き零れ…
交換した後、新しいIHで最初に作ったのは葛餅でした。

IHが壊れてから交換されるまでの間に何か別の新しい趣味をと手を出してみたPCゲーム。
結局交換されるまでにクリアできませんでした…
今年の終わりまでにどちらかを難易度イージーでクリアするのを目標に。

焚火

あっという間に12月です。
今年は色々ありました。
形を変えて少しずつ取り戻してる日常。
しばらく行けなかったキャンプに行ってきました。
満天の星。
焚火。
ゆらゆらと揺れる炎は見ていて飽きません。
至福の時間です。。


時にボウッと高くあがる炎(息子が落ち葉を投入。火遊びです)
決して平坦ではない日常かのように…

来年はさらにいつもの日常に戻りますように。
そして素敵な少し平らな1年になりますように。。

幸せのドクターイエロー

鉄道マニアで駅のホームで新幹線を眺めるのが大好きな息子と夫が、数ヶ月前にドクターイエローに遭遇しました。

きっと一生に一度見られたらラッキーなんだろうなと思っていたので、とても驚きました!そしてどうしても私も見てみたくなり、休日になると朝から晩までホームで待ち伏せし…(嘘)ついに出会えました!!

見ると幸せになれると言われているドクターイエローですが、その姿を見られただけでとても感動で幸せでした!!

そして次に同じように駅に行った時には、駅員さんにこんなメモをいただきました。

通過が多い駅なので、新幹線が何時に到着または通過するかを書いてくださっています。

駅員さんの心遣いに、またまたとても幸せな気持ちになりました(^-^)

コロナが終息したら、今度は見るだけでなく新幹線にたくさん乗ろうと思います!

 

 

11月4日は亥の子の日

数年前に和菓子教室に通っていました。

お店で見るキレイな上生菓子を自分で作ってみたくて習い始めたのですが、実際に和菓子を作るようになると

和菓子の歴史の方に興味が移っていきました。

そのきっかけになったのが亥の子餅です。

和菓子屋さんによって材料や形に差はありますが、私が習ったのは小豆を生地に練り込んだものです。

本当に素朴な見た目なのですが、11月(旧暦10月)の一番はじめの亥の日(今年は114日)に無病息災を願

いつつ頂く和菓子です。

また、この日に火に関わるものを使い始めると火事にならない( 陰陽五行説由来・火伏せの神様由来と諸説あ

るようですが) と言ういわれもあり、茶道では今でもこの日に炉開きが行われているそうです。

(江戸時代は、この日は炬燵開きの日だったそうです)

そして、その際に出されるお茶菓子は亥の子餅です。

教室では「ひとつひとつの和菓子の後ろには文化と伝統がある」と言われていました。

お節句のように節目節目で頂くもの、その土地土地の伝統行事の際に頂くもの等ありますが、あの小さなお菓子

に昔の方々の色々な想いが詰まっているんだなと思うと愛おしくなります。

114日は贔屓の和菓子屋さんの亥の子餅を買って帰ろうと思います。

カテゴリー

最近のブログ記事

月別アーカイブ

メタ情報