新着情報

認定通関業者(AEO通関業者)

極東海運株式会社は平成29年10月16日付でAEO通関業者として認定されたことをお知らせします。

 

AEO通関業者(認定通関業者)とは関税に関する法律や他法令等の規定に従い、貨物の輸出入に関する手続きの適正かつ迅速な実施を確保し、税関とパートナーシップを結んで信頼関係を構築し、通関や国際物流の円滑に推進することを目的としています。

 

社員一同認定通関業者であるという自覚と誇りをもち、お客様の大切な貨物の通関業務を遂行していきます。また、今後も更なる通関知識の充実、技術の向上に努めてまいります。

 

お客様には当社が認定通関業者であることで、これまで以上のメリットがご提供できるよう努力してまいります。

 

最後になりましたが、認定を受けるにあたり、当社のお取引企業様には多大なるご協力いただき大変感謝しております。

 

今後とも何卒宜しくお願い致します。

平成29年10月17日
極東海運株式会社
代表取締役 宮本由希

レンタル倉庫 下関営業所

極東海運㈱下関営業所ではレンタル倉庫(2タイプあり)を営業致しております。下関駅周辺に収納スペース・荷物の保管場所をお探しの方は、お気軽にお問い合せください。

電話:083(267)1717

下関市東大和町1-8-45(下関駅近く)

 

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
おかげさまで弊社は今年創業35年目を迎えます。

 私たちを取り巻く環境の著しい変化の中、多くの業種の企業が非常に厳しい状況に直面しています。私たち社員一同、「お客様に最適な国際物流サービスを提供する」「心のこもったサービスを提供する」という基本に立ちかえって、地道に、ひとつずつ、目の前のできることから取り組んで参りたいと存じます。

 本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

極東海運株式会社

ホームページをリニューアルしました!

弊社は常に新しいチャレンジを行い、
日々成長していきたいと考えております。

この度、弊社中国青島事務所、本社海外事業部が新設されたました。
これを機にホームページを刷新。
お客様にもっと弊社の事を知っていただける様、より分かりやすいレイアウトと解説で
御清覧していただける方の目線で作成しました。

今回、弊社Facebookページも開設!より充実した内容を是非ご覧ください。

宜しくお願いします。

テレビ取材受けました!

弊社がフジテレビ系列TNC(テレビ西日本)の番組「アジアへの扉」(毎週日曜日午後5時25分~)の取材を受けました。

韓国釜山港から福岡博多港の『アジアの玄関口』として知られている両港の生鮮魚介類を中心とした物流の追跡をテーマに構成されています。

弊社釜山事務所と本社も 登場する予定です!お時間のある方は是非ご覧ください!
注)平成24年10月29日現在、11月4日(日)放送日決定しました。
見逃した方はホームページでバックナンバーが見られるようです。「アジアへの扉」で検索!
(放送日変更等の場合があります。予めご了承ください。)

東日本大震災 義援金

この度の東日本大震災により被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

弊社は被災者の皆様の救援や被災地の復興に少しでも役立てていただく為、売上金の一部を日本赤十字社を通じて義援金として寄贈しました。

今後も通関、国際物流業務を通じて、復興支援に向けて微力ながら尽力して参りたいと考えております。

社員一同、皆様の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

極東海運株式会社

ロゴマーク決定!

このたび極東海運株式会社は30周年を迎えロゴマークを作成しました。

●ロゴマークの意味について

このマークは船の船首が青い海の中を力強く前へ前へと進む姿を表現しています。
船の船首は船体の中で最も強く作られています。
また船首は青い空を進む航空機の機首でもあります。
深い青は海と空を表現すると同時に「信頼」をイメージし、
船首の黄色は「挑戦し続ける精神」をイメージしています。

これからはマークの精神を目指して、このマークがお客様に愛されるように社員一同一致団結して頑張っていきますので、マークともども宜しく御願いいたします。

平成22年5月吉日

極東海運株式会社

一部YAS、FAF及びTHC変更のお知らせ

◆現代商船ジャパン㈱(HYUNDAI SHIPPING)が2009年8月1日より日           本から韓国向けのTHC変更になります。

ドライコンテナ    ¥24,000/20`FT  ¥42,200/40`FT 

リーファーコンテナ  ¥37,200/20`FT  ¥54,800/40`FT

◆商船三井ロジスティクス㈱より2009年8月分のFAF・YASを以下の通り提示されました。

YAS  USD60.00/20`FT      USD90.00/40`FT

FAF  USD85.00/20`FT      USD170.00/40`FT

*8月1日~8月31日迄の適用となります。

【ワンポイント解説】                                                                       THC(ターミナルハンドリングチャージ)とは一般にコンテナを船からCY(コンテナヤード)内へ降ろす作業からコンテナをCYから搬出するコンテナドレーシャーシに積載する(オンシャーシ)作業までの料金を言います。CHC(コンテナハンドリングチャージ)と呼ばれる場合もある。

YAS(Yen Appreciation Surcharge)は通貨調整金の事で、アジア航路でドルから円へ換算した際の差額をこれで補い、海上運賃に充てられる。

FAF(Fuel Adjustment Factor)は燃料価格に応じて海上運賃に加算される、燃油割り増し料金の事。

他にも貿易に関する用語はありますので分からない用語や言葉は分かっても内容の意味が分からない場合などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

文章作成者:門司営業所 林           

次期Sea-NACCSの稼動開始日について

●Sea-NACCSについて

平成20年10月12日(日)午前8時から次期Sea-NACCSシステムが稼働開始されます。現行システムは平成20年10月11日(土)23時をもって停止します。

●Air-NACCSについて

次期Air-NACCS導入スケジュールが公表されました。平成22年2月次期Air-NACCS稼動開始です。

輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社のホームページ

http://www.naccs.jp/

  • 1
  • 2